アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
年金問題ノート
ブログ紹介
年金といえばこれまでリタイア世代だけの関心ごとのように思われてきましたが、いまは全世代の人が年金を考える時代になりました。年金問題の専門家である社労士として、年金制度の解説、年金に関するニュースなどについて取り上げ書いていきます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
AIJ投資顧問と契約があった企業年金は84基金
 厚生労働省は、2010年度末時点で「AIJ投資顧問」と運用委託契約があった企業年金は84基金、総額は約1852億円にのぼるとの調査結果を発表しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/28 21:14
AIJ投資顧問受託の企業年金2100億円が大半消失
 企業年金運用会社のAIJ投資顧問が、企業から運用を受託している約2100億円の年金資産について、その大半が消失していることが分かりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/26 18:24
年金収入だけの人は確定申告が不要?
 2011年度の税制改正で、「年金所得者の確定申告不要制度」いうものができました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/10 09:49
2012年度の年金支給額引き下げ決まる
 2012年度の年金支給額が、物価下落に伴い0.3%引き下げとなりことが決まりました。 4月分(支払いは6月)から実施されます。支給減額は2年連続となります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/31 20:42
保険料の「時効後収納」、年金過払い分の返還を検討
 厚生労働省は、2年間の納付期限を過ぎて時効となった国民年金保険料について、本来は収納できないのに「期限内に支払があった」とみなし収納し、結果的に年金が過払いになっているケースがあることから、対応策を検討することを明らかにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/12/09 16:54
年金はもらいすぎか
 日本の年金は、“もらいすぎ”どころか、本来その支給額が低すぎることに問題があります。国民年金では、保険料を40年間払い続けた満額でも月額6万5741円しかもらうことができません。平均では5万円台、女性では4万円台にすぎません。こんなに低い年金を更に引き下げようというのです。これでどうやって生活すればいいのでしょうか。    深刻なのは、12年度の減額規模が大幅になる恐れがあることです。11年の物価下落分(0・2%程度)を減らすだけでなく、過去の物価下落時に年金額を引き下げずに生まれた差額分... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/03 14:53
来年度も年金引き下げが確実
 2011年度は、前年平均の全国消費者物価指数が、05年度に比べて0.4%下がったとして年金を0.4%減額されましたが、今年の物価が下落しているのに伴い、来年度も0.2〜0.3%程度引き下げられることが確実になり、2年連続の引き下げとなりそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/11/28 15:49

続きを見る

トップへ

月別リンク

年金問題ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる